名刺を捨てられないために意識したいこと

名刺交換はゴールではなくスタートです。交換して終わりではなく、交換した後にどのようなコンタクトを取るかによって、意味が生まれてきます。

また、必要のない名刺は交換後に捨ててしまうという人も多いため、ビジネスにつなげたいのであれば、捨てられない名刺を作る必要があります。今回は、名刺を捨てられないために意識したいことをまとめてみました。

相手の立場を考えた情報を

そもそも、名刺は何のためにあるのか、今一度考えてみましょう。名刺は、自己紹介の補足のようなものです。初対面の際にあなたが紹介しきれない情報を名刺が届けてくれます。

さらに、所属や名前など基本的な情報を相手に伝えることが可能です。名刺には、相手のために作るものであって、自分のために作るものではありません。

もちろん、自己紹介するために作るというのは、ある意味では自分のためかもしれません。しかし、本質は相手に情報を届けることです。独りよがりの情報を名刺にまとめていても、相手にとって必要な情報ではない可能性があります。

そこで、最低限必要な情報を載せた名刺を作ることをおすすめします。マイナスな情報がなければ、捨てられる恐れはありません。できるだけ、情報のダイエットをしてシンプルに自分のことを伝えましょう。

要点を絞ることで、どの点を伝えたいのか明確に分かりますので、掲載する情報を絞り込むことをおすすめします。

情報は多い方がいいと考えている方は多いですが、実は少ない情報の方が伝わりやすいです。ぜひ、この点を考えて名刺の情報を決めてみてください。

派手なデザインの是非

印象に残る方法として派手なデザインを作る方法があります。例えば、和紙や透明紙などの特殊紙を利用して名刺を作ったり、型抜きや型押し、エンボス加工を使って名刺を作ったりする人がいます。

これらの方法は確かにインパクトが高くてオススメです。クライアントによっては、それだけで印象に残ることでしょう。ただ、これらの名刺を使うにはある程度の戦略が必要です。

例えば、デザイン業界に属していて、こうした派手な名刺を作る方は多いです。他の名刺に触発されて派手な名刺を作った方は多いでしょう。

ここで考えたいのは他の人の名刺です。派手な名刺が多い業界で、派手な名刺を作ってしまうと実は印象が薄くなってしまいます。

逆に、シンプルな名刺を作ることで、デザインスキルをアピールできるかもしれません。派手な名刺を使う際には、業界の名刺の動向を見てから作るといいでしょう。いくつも派手な名刺をもらっても、クライアントの好みでなければ捨てられてしまう恐れがあります。

また、最近多いのが変形名刺です。普通サイズの名刺や女性サイズ、欧米サイズの名刺は問題ありません。ただ、大きなサイズや形が特殊なもの、さらには型抜きで穴が空いているものなどがあります。これらの名刺は一見インパクトがでかくていいですが、果たして名刺として機能的でしょうか?

相手の名刺入れのサイズを考えた時、名刺の適切なサイズが分かると思います。名刺入れのサイズを無視した名刺は、捨てられる恐れが高いです。あくまで、一般的な名刺の中で名刺のデザインを決めていきましょう。

名刺と情報を関連付ける

捨てられない名刺を作るには、関連付けが大事です。一回でも名刺を利用したという記憶があれば、捨てられることは少ないです。

名刺を使って何かアクションが起きるような仕掛けを作りましょう。一番手軽にできるのがSNSアカウントの設置です。

アカウント名を書いておけば、そこからアクセスしてくれるかもしれません。アクセスする際に名刺を見ながら、アカウント名を打ち込むことで、相手の印象に残ります。この時点で捨てられる可能性が少ないです。

SNSアカウント名をただ載せることも重要ですが、利用する動線を作ってあげましょう。例えば、SNSアカウントのそばに”フォロー”や”Follow me”など一言添えておくと効果的です。

目線を誘導することで、自然とアクションを促すことができます。こうして、一回でも名刺を利用したアクションが起きれば、捨てられることは少なくなります。

そして、名刺と関係なく情報を関連付けたいなら、お礼のメールを送りましょう。名刺交換後にメールを送らない人は多いです。

もし、名刺に実績やプロフィールを載せるなら、後日に簡単なポートフォリオを相手宛に送った方が効果的です。

そこから、興味を持ってもらえば交流が生まれるかもしれません。相手からのアクションを待つだけでなく、自分からアクションを起こしてみましょう。

まとめ:忘れられない名刺を作る

名刺を捨てられないために意識したいことを紹介しました。名刺を捨てられてしまうというのは嫌な経験ですよね。捨てられない名刺を作りたいなら、それなりの工夫が必要です。本記事で紹介したことを実践して捨てられない名刺を作っていきましょう。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*