新規営業の際に顔や名前、会社名を覚えてもらう方法

新規営業で重要なことは、なんだと思いますか?営業の最初の一歩は覚えてもらうことです。これを通過しなければ、いい営業ができるはずがありません。

顔や名前、会社名を覚えてもらうことは、営業にとって欠かせません。そこで、今回は、新規営業の際に顔や名前、会社名を覚えてもらう方法を紹介します。本記事を参考に、今後の営業に生かしていきましょう。

営業で覚えてもらうことの重要性

営業マンが契約をもらえない原因は、印象の薄さにあります。どんないいサービスや商品でも、その魅力を伝えきれなければ意味がありません。

そして、魅力を伝えるのは紛れもなくあなたです。魅力を伝える橋渡しとなるあなたの印象が薄かったら、サービスや商品の印象を覚えることはないでしょう。

そのため、まずはあなたの顔や名前、会社名を覚えてもらう必要があります。大半の営業マンがサービスや商品を契約してもらうことだけを考えます。

そして、契約が取れなかったときにサービスや商品のせいにしてしまう人も多いでしょう。ここで、考えたいのがあなたの魅力です。

印象に残る人はどんな人だと思いますか?例えば、綺麗な人、個性的な人、共通点がある人などは印象に残りますよね。好印象な人にサービスや商品の説明をされたら、より魅力的に見えます。

まずは、あなた自身が魅力的な人間になる必要があるのです。そのためには、最低限のラインは超えておくように心がけましょう。そのラインとは身だしなみです。

頭髪やスーツ、靴、全身の身だしなみをしっかりと整えておきましょう。また、普段からの所作も重要になります。普段の行いは、営業の場面でも出ているかもしれません。

うまくいったつもりが、契約を取れなかった場合、あなた自身に原因があるかもしれません。少しずつ、原因を解決していきながら、営業として印象に残るようにしましょう。

そのためには、覚えてもらうためのテクニックや、印象に残る施策が必要になります。

覚えてもらうためのテクニック

優れた営業マンは覚えてもらうために、どのようなテクニックを使っているのでしょうか?実際に、世の中には多くの営業テクニックが存在します。

おそらく、これらのテクニックを知らない人がテクニックを覚えて実践した場合、うまくいかないことが多いでしょう。覚えたことを実践しようと考えながら営業をしても、会話がうまく続きません。営業のテクニックを磨くなら、経験を重ねるしかありません。

営業テクニックの多くは経験から生まれています。何度も失敗していく中で、自分なりの営業テクニックを身につけるしかないです。

ただ、優れた営業マンに共通する点として、自然体ということが挙げられます。いわゆる、営業職という空気感がない人です。営業というと、明るくて積極的というイメージがありますが、優れた営業マンは一見そうは見えません。

しかし、相手の行動を観察して、その場にふさわしい態度や言葉でアピールします。他の営業マンとは違った雰囲気があるので、印象にも残ります。

もし、覚えてもらうためのテクニックを実践するなら、自然体にこだわってみましょう。契約を取るために営業するのではなく、楽しく会話をするためなど、目的を変えてみることをおすすめします。

営業に来た人が緊張していたら、契約どころではなくなります。自然体が覚えてもらうための究極のテクニックなのかもしれません。

名刺は覚えてもらうための入り口?

初めて営業職についた方でも実践できるのが、名刺の利用です。名刺交換は、営業をする際に特に重要です。名刺は、覚えてもらうための入り口ともいえるでしょう。

これまで、シンプルな名刺を使っていたという人は、これを機会に少しこだわった名刺を作ってみましょう。名刺をこだわるポイントとしては、用紙や加工です。

名刺を作る際には、印刷会社を利用します。ここでは、名刺の用紙を選んだり、加工を決めたりできます。ほとんどの名刺には、上質紙と呼ばれる一般的な用紙が使われています。

印刷会社なら、上質紙以外にも光沢の強いアートポスト、光沢のないマットポストなどが利用可能。他にも、高級な用紙や和紙が使える特殊紙もあります。

紙質によって名刺の見え方が変わるので、こだわるなら用紙からこだわりましょう。

また、加工にも多くの種類があります。一部分を豪華に見せる箔押し加工、一部分を浮き上がらせる型押し加工、一部分の型抜き加工、角を丸くする角丸加工。

これらの加工は、多くの印刷会社で行っているので、ぜひ調べてみてください。個性的な名刺は、会話のきっかけになるので、名刺を作って営業を円滑に進めましょう。

まとめ:新規営業で顔を覚えてもらおう

新規営業の際に顔や名前、会社名を覚えてもらう方法を紹介しました。小手先のテクニックも良いのですが、経験から知るテクニックはあなただけのものです。

少しずつ、営業のノウハウを知って実践していきましょう。また、最初のきっかけとして名刺は役に立ちます。

自分のスキルが上がるまでは、名刺を利用して会話を広げていきましょう。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*