ネット名刺印刷ショップ

低料金で高品質の名刺印刷をワンコイン500円で提供する名刺良品

名刺良品の名刺印刷は、オンデマンド印刷に特化することで印刷の用紙、色数や両面印刷に関係なく基本価格を100部で500円(税抜)に設定しています。低料金で高品質の名刺印刷を提供することをコンセプトに名刺印刷に特化しています。そのため、データ入稿はIllustratorで作成したAiデータに限るなど制限がありますが、デザインテンプレートの用意や豊富な用紙選択ができるなど、品質を高めるサービスはネット通販印刷のなかでも充実していると言えそうです。

続きを読む

名刺印刷.comなら、240種類からデザインを選びWeb上で文字入力すれば注文OK

名刺印刷.com(http://geki-mei.com/)は、プロのデザインをWeb上で実現するしくみを運営しています。4タイプ(各60種類)に分類されたデザインテンプレートから好みのデザインを選び、次に用紙を選択、内容の入力やロゴなど保存画像をアップするだけの作業で完了します。イラストレーターなどプロが使うデザイン専用ソフトの導入や、Officeデータの使用による色の変化やズレを気にする必要もありません。ネット上でデザイン作業を行えば、高品質の名刺をそのまま発注することができます。

続きを読む

ワンコインの低価格と点字印刷など多様性を備えたネットDEコム

ネットDEコムは紙の種類や印刷の種類を絞り、100部のデータ入稿とカラー名刺印刷がワンコインで実現する低価格が特徴です。一方で、箔押しなどの加工はもちろん点字名刺というほかにはあまり見られない名刺印刷にも対応するなど、シンプルなサービス提供に基づいて安価でありながら多様性のある個性的な名刺印刷を提供する印刷会社の1つであると言えそうです。

続きを読む

キングプリンターズの名刺は低価格のオフセット印刷で注文が簡単

ネット印刷通販のキングプリンターズは、少部数の名刺もオフセット印刷で対応しています。また、低価格で、最短なら1営業日、最安値の納期なら4営業日と設定しています。豊富なデザインテンプレートはありませんが、用紙の選択や仕上がり体裁の設定と注文方法が簡単なのが特徴です。見積もり金額も用紙や印刷色を選んでクリックするだけで完了します。デザインデータ作成も入稿方法もシンプルで、ネット印刷通販が初めての人でも利用しやすいサイトです。

続きを読む

プリスタの名刺印刷の特徴とテンプレートを紹介

プリスタは名刺印刷に優れた印刷会社です。今回は、そんなプリスタの特徴や、テンプレートの有無などをご紹介します。

プリスタは、業界最安値をうたっており、初めて名刺作成をする方におすすめです。本記事で、プリスタの特徴を知って、ぜひ利用してみてください。

続きを読む

プリントビズの名刺印刷の特徴とテンプレートを紹介

プリントビズの名刺印刷の特徴を知っていますか?プリントビズは満足度も品質も高い印刷会社です。

今回は、そんなプリントビズの特徴を徹底紹介します。用紙の種類やデータ入稿の方法、価格なども紹介するので、名刺印刷を考えている方は、ぜひ本記事を参考にしてみてください。

続きを読む

プリントネットの名刺印刷の特徴とテンプレートを紹介

プリントネットの名刺印刷の特徴を知っていますか?印刷会社は数多く存在しますが、自分にあった会社を選ぶなら特徴を知るのが一番早いです。

今回は、プリントネットの特徴をはじめとして、用紙の種類やデザインテンプレートをまとめてみました。さらに、データ入稿方法や名刺を作る際の価格までご紹介します。

続きを読む

イロドリの名刺印刷の特徴とテンプレートを紹介!

名刺作成には、どこの印刷会社を使えばいいのか悩んでいる方に、今回はイロドリという印刷会社を紹介します。

イロドリの特徴をはじめ、取り扱い用紙とデザインテンプレート、データ入稿方法や価格まで徹底的に紹介します。

ぜひ、イロドリのことを理解して、これから名刺を作る方は作成を検討してみてください。それでは、イロドリの特徴から順に魅力に迫っていきましょう。

 

続きを読む

ウェーブの名刺印刷の特徴とテンプレートを紹介!

ウェーブという印刷会社をご存知ですか?名刺をはじめとして、多くの印刷媒体を扱っている印刷会社です。

今回は、ウェーブの名刺印刷の特徴をまとめてみました。これから名刺を作る方は、ウェーブがどのような印刷会社なのか、本記事で知ってみてください。

今回は、特徴をはじめとして用紙やデザインテンプレート、データ入稿方法など、ウェーブを使うなら欠かせない要素を全て網羅しました。ぜひ、これからウェーブを使う方は参考にしてみてください。

ウェーブの特徴とは?

ウェーブの特徴としては、まず送料無料という点があります。ウェーブが指定する配達業者を利用した宅配なら、送料無料で届けてくれます。

そして、ウェーブでは、高精細印刷に対応しています。ウェーブの印刷はすべて”AMスクリーニング240線”または”ハイブリッドスクリーニング”の『高精細印刷』で仕上げています。

高精細印刷を使うことによって、彩度が向上、まだら模様の減少、細部までクリアに印刷してくれます

従来の印刷とは違った印刷をウェーブでは提供しています。もちろん、ウェーブのこの高精細印刷は無料で利用することができます。すべての印刷物に対応しているので、名刺もこちらの印刷方法が使われます

そして、ウェーブではキャッシュポイントに対応しています。これはウェーブを利用した際にポイントが貯まるシステムです。ウェーブで名刺を作ったあとに、再度利用することでウェーブのポイントを使うことができます。

ウェーブのキャッシュポイントの魅力は高い還元率です。最大6%還元してくれるのでお得にウェーブを利用できます。嬉しいことにキャッシュポイントは1ポイント1円として使えるので、余すことなくポイントを利用することが可能です。

最後に、ウェーブは手厚いサポートも魅力的です。電話やメールなどでいつでも問い合わせに対応してくれます。

電話は平日なら8:30から24:00まで、土日祝なら8:30から18:00まで年中無休で対応してくれます。電話とメール共通の時間なので、お好きな連絡方法を選んでサポートを受けてみましょう!

ウェーブの用紙とデザインテンプレートとは?

ウェーブでは、数多くの用紙を取り扱っています。利用できる用紙は印刷方法によって異なります。

高精細オフセット印刷、オンデマンド印刷、簡単名刺印刷の3種類ごとに用紙の種類が決まっています。

まず、高精細オフセット印刷で使える用紙は、5種類です。それぞれの用紙で厚さを選ぶことができます。

続いて、オンデマンド印刷で使える用紙は、14種類です。こちらでは、ヴァンヌーボやミラーケントなど特殊な紙質を使えます。

最後に、簡単名刺印刷では、2種類の用紙を使うことができます。お好みの印刷方法を選んだあとに、用紙の種類を選んで注文しましょう。

ウェーブには、デザインテンプレートが用意されていません。そのため、デザインを流し込んで名刺を作るということはできないです。その代わりに、デザインアシストというサービスを展開しています。

文字通り、デザインを作成してくれるサービスで、初めて名刺を作る方におすすめです。

アシストサービスでは、問い合わせ、見積もり、素材の送付、打ち合わせ、制作・校正を行い、納品してくれるサービスです。素材では、名刺のラフ画を出すだけで、形にしてくれるので初心者の方におすすめです。

打ち合わせや制作・校正は無料で2回まで対応してくれます。納得いくまで対応してくれるのはウェーブの強みです。デザインテンプレートはありませんが、理想のデザインが作りたい方はデザインアシストを利用しましょう。

ウェーブのデータ入稿方法とは?

まず、ウェーブではデータ入稿用のテンプレートが用意されています。こちらを元に名刺のデータを作っていきます。データ入稿用のテンプレートには、決まりがあるので、そちらに従いながらデータを完成させましょう。

分からない方のために入稿用のガイドが用意されているので、そちらを見ながら作っていきましょう。そして、注文を行う際に同時にデータ入稿を行います。これだけで、データ入稿は終わりになります。あとは、ウェーブ側でデータに不備がないかチェックが入ります。

データに不備がある場合は、ウェーブ側から電話またはメールが届くので指示に従ってデータを修正しましょう。データに問題がなければデータ受付日が確定して、名刺が出荷されます。

データ入稿時に気をつけたいのが、入稿時のミスです。特に急ぎで作りたいという方は、焦らずにデータをチェックしてから入稿しましょう。

ウェーブ側のデータチェックには時間がかかるので、タイムラグを考えて入稿するように心がけましょう。

ウェーブの名刺の価格とは?

ウェーブの名刺は印刷方法によって価格が異なります。例えば、高精細オフセット印刷なら100枚あたり、1,700円からの発注となります。

オンデマンド印刷の場合は50枚あたり、800円からの発注になります。これらの価格はあくまで通常の注文をした場合に限ります。紙質や枚数などをこだわる場合はさらに価格が上がります。

この点は見積もり時に確認できるので、あとから高く請求されるということはないので安心してください!

まとめ:ウェーブで名刺を作ってみよう!

ウェーブの特徴を紹介してきました。ウェーブの最大の特徴は他の印刷会社にはない高精細な印刷です。

ウェーブでは、名刺以外にも多くの印刷物を取り扱っています。とにかく、ハイクオリティなものを作りたい人にウェーブはおすすめです!

初めての方でもデザインアシストを使えば、簡単に名刺が作れるので、ぜひウェーブの利用を検討してみてください!

高精細な印刷が可能なウェーブの名刺印刷はこちら。

 

スプリントの名刺印刷の特徴とテンプレートを紹介!

初めて名刺作成を行う方の中には、どこの印刷会社を使えばいいのか悩んでいる方も多いです。今回は、そんな方のために、おすすめしたいスプリントという印刷会社を紹介します。

スプリントの特徴をはじめとして、用紙やデザインテンプレートなど本記事を読めばスプリントについて理解を深めることができます。

それでは、さっそくスプリントについて紹介していきます。ぜひ、本記事を参考に名刺を作成してみてはいかがでしょうか?

 

続きを読む